香煙の少ない 渦巻線香

香りは通常のお線香の1/3以下、香煙も1/5に以下に抑えています。1巻きで12時間火持ちします。1箱14枚入で1週間分です。

渦巻線香は通夜から満中陰までの49日間焚き続けるために作られた特殊なお線香です。この商品が発明されたのは今から約100年前、明治時代中頃の大阪です。それまでは薫りを絶やさないように家人や雇い人が付きっきりで焚き継いでいたのですが、その負担を少なくするために考え出されたのが渦巻線香なのです。
この渦巻線香は1巻きで12時間、火持ちします。

12時間火持ちすれば毎日朝晩の決まった時刻に着け替えることが出来ますが、12時間より短い場合は次第にその時刻がずれて行き、お線香の着け替えが日中と夜中になってしまうでしょう。

香煙の少ない 沈香 陽明

ベトナム産の香木「沈水香木」と十数種類に及ぶ漢方香料を巧みに調香して、香木の最高峰「伽羅」の薫りの持つ気品ある爽やかさと甘味を再現したお線香です。

■原材料:椨皮粉、木炭粉、沈水香木、インド産白檀、天然白檀油、丁子、安息香、龍脳、香料類

※沈香 陽明は大阪デザインセンター選定商品です。

#6801

香煙の少ない 沈香 陽明

3,000円+税
紙箱14枚入
断熱支持板付

香煙の少ない 白檀 朱雀

インド産の香木「白檀」を薫りの主成分として、桂皮などの漢方香料を配合しています。焚き終わったあとにも落ち着いた薫りが残ります。

■原材料:椨皮粉、木炭粉、インド産白檀、桂皮、甘松、安息香、零陵香、龍脳、香料類

#6802

香煙の少ない 白檀 朱雀

2,000円+税
紙箱14枚入
断熱支持板付

香煙の少ない 爽風

あっさりした紅茶の香りを思わせるお線香です。しかも香煙は少なめ、残り香もおさえておりますので密閉度の高いお部屋でのご使用にも適しています。

■原材料:椨皮粉、木炭粉、丁子、香料類

#6804

香煙の少ない 爽風

1,600円+税
紙箱14枚入
断熱支持板付

香煙の少ない 清澄 香樹林

お線香の主要な香料のひとつである香木「白檀」を中心に配合したお線香です。しかも香煙は少なめですので、密閉度の高いお部屋でのご使用に適しています。

■原材料:椨皮粉、木炭粉、インド産白檀、天然白檀油、龍脳、香料類

#6803

香煙の少ない 清澄 香樹林

1,500円+税
紙箱14枚入
断熱支持板付

香煙の少ない 花すみれ ブーケ

愛らしいすみれの香りのイメージを表現したお線香です。フローラル系の軽快な薫りが特徴です。

■原材料:椨皮粉、木炭粉、インド産白檀、香料類

#6805

香煙の少ない 花すみれ ブーケ

1,200円+税
紙箱14枚入
断熱支持板付

香煙の少ない 七蓮香

軽いグリーンフローラル系の薫りが特徴です。薫りも少なめなのでほとんど邪魔になりません。

■原材料:椨皮粉、木炭粉、香料類

#6806

香煙の少ない 七蓮香

1,000円+税
紙箱14枚入
断熱支持板付

香煙の少ない 渦巻線香(10枚入)

軽いグリーンフローラル系の薫りが特徴です。薫りも少なめなのでほとんど邪魔になりません。

■原材料:椨皮粉、木炭粉、香料類

※断熱支持板は入っておりません。

#6811

香煙の少ない 渦巻線香(10枚入)

700円+税
紙箱10枚入

香煙の少ない 清澄 香樹林

■原材料:椨皮粉、木炭粉、インド産白檀、天然白檀油、龍脳、香料類

#6823

香煙の少ない 清澄 香樹林

600円+税
紙箱5枚入

#2815

渦巻線香専用香炉
金属製 清蓮 袋入

400円+税
1箱 10入
断熱支持板付

渦巻線香専用香炉 「清蓮」

玉初堂製渦巻線香専用香炉「清蓮」をお使いください。安定性・安全性が向上します。

※「清蓮」は当社製渦巻線香専用です。 他の渦巻線香に使用される場合はその性能を保証致し兼ねます。

#2818  

渦巻線香専用香炉 陶製 清蓮

1,800円+税
紙箱入
断熱支持板付

#2816

渦巻線香専用香炉 金属製 清蓮

600円+税
紙箱入
断熱支持板付

新製法「渦巻線香」の使い方

断熱支持板には4か所に突起があります。

01

お線香の先端に点火する。
※やけどにご注意下さい。

02

支持板にセットし、支持板の突起にお線香の最外周の一巻を掛けてください。
(4か所とも)頂部の突起にも渦巻の中心を合わせます。

03

着火部が2~3cm突起部より出るようにセットして下さい。(写真は断熱支持板を横から見ています。)

04

灰はこのように落ちますので、渦巻線香を2~3枚使う毎に灰を捨ててください。

『渦』へのこだわり。新しい製法で安心をお届けします。

渦巻線香1枚の燃焼時間は約12時間です。これだけの長時間火持ちさせるために、今までは8尺(約2.5m)もあるお線香を柔らかい間に渦に巻いていました。しかし、手作業で製造していた為、どうしても巻ムラや乾燥後の仕上がりに不揃いが生じてしまいます。要するに、渦巻線香は数あるお線香の中で最も製造が難しいお線香だったのです。

そこで、玉初堂では渦巻線香の製造工程を根本から見直し、引っ張るのではなく押し出しながら渦状に成形する、オリジナルの自動成形機を考案しました。
さらに、渦巻線香の乾燥法は世界最短を自負する独自の方法です。


今までの渦巻線香の問題を整理していきますと、一番の原因は「糸で吊る」という、不安定な基本構造に起因していることがわかりました。ただ、お線香に接触して支えると火が消えるため、今までは吊る以外に方法がなかったのです。

そこで、吊り糸なしで焚ける方法があればそれに関連した不具合が解消できると考え、いろいろな素材を探して試した結果、炭素繊維を不織布のようにしたマット(断熱支持板)にたどり着きました。この断熱支持板を使うことによって「置く」タイプの渦巻線香が完成したのです。

渦巻線香の燃焼状態の動画(微速度撮影)をご覧いただけます。